「馬券種の選定」・・・2

 

合わせて中穴馬券

 

 

 

リスクの大小や、的中の難しさで、狙う馬券の払い戻し金
額は違ってきます。

 

 

WIN5(ウィンファイブ)は別にして、単勝から3連単までの、
どの馬券種を狙うかが重要となってきます。

 

 

3着までに入線すれば的中となる複勝馬券は、一番当て易い
ですね。3連単馬券は着順も関係有りで3頭ですから難しい。

 

 

一番安定して的中するのはやはり複勝ですが、払い戻しが
少ないので、別の馬券種で夢を買いたいところです。

 

 

別の言い方では、手頃な馬券種で中穴を狙い、そのリスクを
複勝で補う、offset the risk withです。

 

複勝と単勝

複勝とワイド

複勝と馬連

複勝と馬単

 

とりあえず、この4種に絞ります。

 

 

複勝は140円を狙いますが、それ以上になると着外になる恐れ
があります。

 

 

120円、130円でも良いですが、いかにも少ない感じです。大口
の投資家なら、110円でも勝負になるでしょうが、別に購入する
中穴馬券の損失防止の意味の購入ですから最低140円以上を必要
としています。

 

 

それは、次のような買い方をするからです。(金額は一つの例)

 

 

例えば、複勝 3.000円  馬連3種 400円×3=1.200円 購入

仮に、複勝 140円 的中    (140円×3.000円=4.200円)

馬連    不的中     の場合、

回収      4.200円

複勝の支出   3.000円

馬連の支出   1.200円

合計     4.200円   で

 

 

差し引き損失無しになりますが、130円では複勝に的中しても同
じ条件で3.900円で300円の損失になってしまいます。

 

 

マイナスにならない購入方法を検討している意味からは外れて
しまいます。また、肝心なのは最低限、複勝は的中しないと困る
のです。

 

 

従って、複勝140円以上が狙えて、確率の高そうなレースを選ぶ
必要があります。

 

 

 

 


 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ