「レースの選定」・・・2

 

中穴を複勝でカバーできるレースを

 

 

 

 

オッズの動き連対率が有効と書きましたが、それを説明します。

 

まず、オッズについてですが、

 

 

JRAの複勝オッズの動きで気を付けてみていると下のように、単勝
1番人気に対して、2~4番人気の中に、複勝オッズが勝っている
ときがあります。(※印)

 

例として

                      単勝        複勝

④       3.7       1.4─1.7

⑫       4.1       1.6─2.3

①       5.7       1.8─2.5

⑥       8.6       1.2─1.8  ※

 

※印のような場合です。

 

 

まだ、オッズが本格的に動いていない午前中に見かけます。午後の
本番間近になると単複オッズは正常(?)の順になるようです。
その時によって違いますが、大体締切2~3時間前までの感じです。

 

 

⑥の馬に注目です。

 

 

現在、単勝8.6で4番人気ですが複勝は1.2で一番人気です。複勝が
一番人気なのに、何で単勝は4番人気なのかと疑問に思いました。

 

 

「競馬投資家が⑥の馬に多額の投票しているのでは?」

 

 

投票締切間近には一つの例ですが、

 

                        単勝        複勝

④       2.8       1.1─1.5

⑫       3.4       1.2─1.8

①       5.2       1.8─2.4

⑥       9.7       2.4─3.3   ※

 

 

になりました。

 

 

入着順位の結果はどうなったか? 順当ならば④、⑫、①
の3頭で決まると思いますよね。

 

 

ところが、⑥が2着になりました。複勝の的中になったのです。
複勝オッズ2.4ですから投資としては多額の利益です。

 

 

「今日はやる」という馬主の意向か、何らかの情報を手にして
いる投資家が多額をぶちこんでいるとしか思えません。

 

 

複勝でオッズが1.2だったのが2.4になるのは、一般の購入者が
注目しない馬だったからではないでしょうか。

 

 

以上は、比較の例で実際の数値ではありませんが、オッズをよく
見ていると、同じような変化はたびたび有ります。

 

 

ただし、あくまでも複勝は3着内率可能性の高い140円を目安にしま
す。夢の中穴狙いの一つの候補です。

 

 

 


 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ